ダイエットしたいならまずは仕事タイプで太り方を診断しよう!






<本文はここからになります>

ダイエット 診断 タイプ

どうも!リーマンダイエッター青木です!

急ですが、あなたの仕事は何ですか?

「急になんだよ・・」
と思われたかもしれませんね(^^;)

今日は仕事が違うだけで太り方
も違くて改善方法も違う
という
ことをお話していこうと思います。

「仕事とダイエット関係あるの?」

と思いませんでしたか?

私は知人のトレーナーに聞いた
時とても驚きました(笑

簡単に説明すると、

営業職の人が接客業の人と
同じようにダイエットをしても
意味がないという事です。

「えっ!?何で?」

と思ってくれた方のために
解説していきますね(^^)

スポンサーリンク

仕事タイプであなたの太り方がわかる!

1、営業職

営業職の方はウエスト周りから
太って典型的なメタボ体質

なり非常に汗っかきです。

また毎日の付き合いで

  • お酒
  • 揚げ物

をたくさん食べているので

  • 高脂質
  • 高血糖
  • 肝機能の地下
  • 高コレステロール

に注意が必要です。

また残業や呑み会が続くと夜遅くに
食事をするから朝食を抜きがち

お昼もコンビニで済ましてしまう

という事が多いので食生活を
見直すことが本当に大事です!

しかし上司や取引先との飲み会
を断ると
仕事に支障がでたりして
逆効果ですので断るということは
あまりしすぎないようにしましょう!

ですので毎日の食事に野菜
取り入れるようにして下さい。

呑み会に行っても野菜を積極的に
摂るようにして上司に言われたら
揚げ物とかを食べましょうね(笑

私はけっこう逃げれました(^^;)

また通勤時は徒歩にして毎日
運動を取り入れていくのが理想
ですのでぜひ試してみましょう!

2、接客業

接客業の方は仕事柄ほっそり
している方が多いですが他の
職業と比べると隠れ肥満

非常に多いんです!

接客業の方の共通点があって

  • 低血圧
  • 基礎代謝が低い
  • 高血糖

以上の3つが多かったですね。

お店の状況によってお昼ご飯の
タイミングを逃してしまい不規則な
生活になってしまいがちですよね。

そのせいで簡単かつ短時間で
お腹を充分に満たすために

  • お菓子
  • 菓子パン
  • 清涼飲料水

を多めに取ってしまいがちです・・

そうなると野菜不足になってしまい
隠れ肥満
になってしまうんです(^^;)

それに接客業ですのでお客様に
気を遣うのでストレスも溜まりがちに
なりドカ食いが多くなりがちに・・・

ですので

  • 昼食時間を確保する
  • 野菜を多く取る
  • 飲み物を水や炭酸水に変える

これだけでも効果は絶大ですよ!!

スポンサーリンク

3、デスクワーカー

運動量が極端に減っていたり
ずっと座って作業しているので

  • 高血圧
  • 姿勢が悪くなりがち
  • 高血糖
  • ストレスが溜まりやすい
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 下半身がむくみやすい

など様々な症状を引き起こします。

ですので以下の点に注意して
生活をするようにしましょう!

  • 清涼飲料水ではなく水にする
  • 野菜中心の生活にする
  • 空いている時間に歩く

またデスクワーカーは他のどの
職業よりもお腹が出やすいって
知っていましたか?(^^;)

【必読】デスクワークの人が特にお腹が出やすい本当の理由

仕事で改善法が違うことを理解しよう

仕事によって太り方や改善方法が
異なることはわかりましたか?

その職業に適した改善方法
あるので情報をそのまま鵜呑み
にするのはダメですよ?

まず、今の生活を見直して
どうすれば改善できるか
上記を
踏まえて考えてみると良いですね!

知っておくべきダイエットの基礎知識!

実際に効果があったダイエットに効果的な運動ベスト3!

リバウンドまっしぐら!ダイエットの健康的なペースは?

継続できない人必見!ダイエットのモチベーションを維持する方法


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー
・私はこういう事やってるよ!
・こんな方法もあるんだけどどうかな?

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

スポンサーリンク


ダイエット情報【運動シリーズ】








ダイエット情報【食事シリーズ】









ダイエット情報【豆知識シリーズ】







オススメ記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ